<   2016年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧


2016年 01月 31日

!!!



a0323196_21275301.jpg


入浴中になかなかの発見!!!

我が家の風呂イスには真ん中に穴が開いている。

それは、おならの抜けがいいように開いていたのだよ!!!






たぶん、違います。

きっと、水切りのための穴なのです。

あの穴が、後ろのほうにもう一つ開いていたなら・・・

もしくは、あの穴が楕円形で中心~後ろ側に寄っていたなら。。。








Fuji C200




[PR]

by tact1215 | 2016-01-31 21:32 | SIGMA75-300mm | Comments(4)
2016年 01月 31日

お奨めの基準



a0323196_17434597.jpg

タイトルをこうしてしまったのに、その矛盾さを感じて早速首を捻ってたりして。

結局は、相手の好みをよく理解しておかないと「お奨め」した「結果」の「成果」なんてのは成立しない。


「あの店のラーメンは美味しいからお奨めだよ」と言って紹介しても、その相手が期待に胸を膨らませて食した結果

好みに合わなければ、時間とお金の浪費に繋がり、それ以上に期待させた気持ちの行き所を失ってしまい、その後の

人間関係にまで悪影響を及ぼす。 なんて大袈裟なことにまでは発展しないと思うけど、多少なりとも微妙な感情が残らないとも限らない。


そうなると、お店の「売れてます」表示の方が、「大多数の人に評価を得ています」=ケガが少ない。

ってことになるのかな?

決して自分の好みに合わなくても・・・少なくとも、一人が決めた基準よりも納得しやすいような心理が働くのかもしれない。

それと、余程のこだわりがなければ「大勢が認めるものへの安心感」があるのかもしれない。






自分が気に入ってる近所の和風ラーメンがあるのだけれど

それを食べるたびに思うことが今回の内容なのです。

なので、「お奨めするほどじゃないんだけど、好きでよく食べるんだよね」と、そんな風に腰が引けてしまう。

できれば、なるべく食べてもらいたくないとさえ思うことがある。

「それじゃ、食べてみよう!」ってことになって、その結果、共感してもらえればいいけど、その反対もあるかもしれないし、そんなことで

妙な責任感を抱くのもどうかと思うので(笑)



でもまぁ・・・味覚に限らず、写真でも、映画でも、スポーツでも、人それぞれに好みがあるから面白いのであって

何も自分の好みを押し付ける必要はないのだ。



でもその一方で、共感できる相手が見つかったときは、それはそれで楽しいな と。









Fuji C200











[PR]

by tact1215 | 2016-01-31 18:13 | SIGMA75-300mm | Comments(8)
2016年 01月 30日

取れた



a0323196_12164532.jpg

何年か前、抜歯したあとに付けてもらったブリッジが昨夜の新年会の最中に外れてしまった。

近いうちに歯科医に行かなければ。。。



歯がないって、心細いものだ。

う~~む・・・



歯に限らず、体の一部がなくなるのって急に心細くなる。




それはそうと、雪がたいしたことなくてよかった。



昨夜は久しぶりに午前様。

朝方5時過ぎに雪が気になり、外を確認したら白い風景になったおらず、安心して再び就寝。

で、11時過ぎに起床。




そして再び、歯抜け状態になっていることを思い出した。







Fuji C200






[PR]

by tact1215 | 2016-01-30 12:23 | SIGMA75-300mm | Comments(2)
2016年 01月 28日

デジタルカメラについて、その他について



a0323196_20352955.jpg


さて!今夜は題して「デジタルカメラとぼく」

ぼくとデジタルカメラの初めての出会いは意外と早い。

おそらく、平成になったかならないか、そんな時期じゃなかったのかな。



実はぼく、1度だけ転職歴があります。

最初の職場は、某電機部品メーカーに8年間お世話になり、半導体部門に所属していたのであった。

そこに入社し、1年間は交替勤務で生産ラインに従事。

翌年度は工技G(グループ)へ異動となり、半導体の各工程の製造機器のメンテナンスを行うことになったワケでありますが

そんな職歴に触れたついでに、学生時代のアルバイト歴なんぞもね。


最初は中学卒業と同時に洋菓子メーカーの工場でケーキの上にイチゴを乗せたり、ゼリーの梱包をしたりってな、完全流れ作業の

バイトを初体験。

とても辛いバイトだったけど、そのお金でステレオラジカセ「ランナウェイ」を購入。

そして、高校1年生の夏休みに土木作業員のバイトを1ヶ月。

その他、新聞配達、建設機材関連、ガソリンスタンドなどなど。。。

親父の方針で、欲しいものは自分で稼いで買えってのがあり、高校時代はバイトてんこもり。


で、なんだっけ?・・・・・・・・・・・




そうそう、最初の就職先でのこと。

平成になってたのかなぁ・・・

某大手電気メーカーが今でいうデジタルカメラの叩き売りをしてきた。

要するに、時代を先取りしすぎて売れなかったのだ。

その在庫処分のため、同じ業界に捨て値で買ってくれと、そんなとこだったんだろ。

定価は確か10万円近かったと記憶しているけど、それを1台1万円でということだった。

うちらは、こぞって数台ずつ買った。

それは小遣い稼ぎのために。。。  数台買って、1台手元に残し、または全部リサイクルショップや質屋に売り払い

自分の小遣いにしたのだった。

ぼくは、2台購入し1台を売却。

みんな、2~3万円ぐらいで引き取ってもらったようだった。



その商品は「マ○カ」ってネーミングだった。

今のようにパソコンは一般的なものでなくて、産業用が主な用途だった時代なので、画像はテレビで見るシステムだった。

それはそれで感動を覚えたものの、そこでおしまい。それ以上発展することはなかった。



現在のデジタルカメラがなぜ、ここまで発展できたのか?

それは、パソコンとネット環境の普及に他ならないと思う。

確かに、気楽に撮った画像をテレビで見れるのは愉快な気分であるが、それを自分でしか見れないと、当然、飽きてしまう。

プリントした写真でも、デジタル画像でも、誰かに見せる機会があってこその楽しみが大きいのだ。


なので、デジタルカメラは、今のように気楽にみんなに見てもらえる環境がなければ、ここまで発展しなかったのではないかと思う。




まぁ・・・それはそれとして、ここまで普及し発展したデジタルカメラの技術は写真の世界に大きな役割を果たしていると思う。

敷居の高かった写真が、ぐっと身近になった。

そして、クリアな画質が比較的簡単に得られるようになった。

ネットによって、それらの素晴らしい写真が見られるようになり、さらには自分もそれを再現できるようになった。

その効果はとても大きいと思う。



なので、デジタルカメラの存在は、正常進化であると思う。






けど、自分は「昔人間」なので・・・・・・・・・・・

フィルムがある限り、動くカメラがある限り カメラを使っていきたいなと、そう思うのだ。

(敢えて「銀塩カメラ」とか「フィルムカメラ」とは言わない。元々あったこれが「カメラ」、あとから登場したのが「デジタルカメラ」としたい。)






Fuji C200







[PR]

by tact1215 | 2016-01-28 21:07 | SIGMA75-300mm | Comments(0)
2016年 01月 27日

カメラ



a0323196_21241416.jpg


いまやデジタルカメラが主流で、かつてのカメラは自分を含めてごくごく一部の人たちが好んで使う道具になってしまった。

では、フィルムを使うカメラ全部が好きかといえばそうでもない。それなりに好みというものがある。

工業製品というか、カメラや車、バイクなどなど、目的を果たすだけの道具そのものというより「おもちゃ」的面白さをどこかに感じていたいのが一つ。

そして、二つ目としては「長く使える」「面倒を見る楽しさ」「調整や個々の部品の交換で直せる」などの、道具としてのあるべき姿というのかな?愛着を感じることのできる要素がそこにあると思う。

最後に、触れることで感じることのできる「操作と動作の連動」「操作時の感触」「材質」などの、質感



ということで、こどもがベーゴマや竹馬、竹とんぼなどのようなシンプルなおもちゃで遊ぶときに感じるのがまったく同じ。

一つのおもちゃに、あれもこれも盛り込む必要はなく、一つの目的に特化していればそれでいいんだ。

で、紐をきつめに解けないようにセットして、うまく手首を返して勢いよく回す。

うまくなるまで失敗を繰り返したり、勝負に負けたら没収されて悔しい思いをしたりね。

そのシンプルな道具を使って、適度な緊張感と共存する遊びがこの上なく楽しいんだ。

そして、紐も使うほどに馴染んでいってね。

竹馬や竹とんぼなんて、壊れたりしても父親が直してくれる。

そのうち、見よう見まねで自分でもメンテの真似事をしたり、自分好みに色を塗ったりして楽しむんだ。



ファミコンも夢中になったけど、今思うと、原始的なおもちゃが何となく愛おしくて

そんな感覚に近いものをカメラや車とかに感じてるかな。


レンズもさ、やはり絞りリングがあって、それをカチカチ回したいじゃん。

シャッタースピードも、液晶じゃなくてかかれた目盛りを見て回したいじゃん。

ピントだって、クリクリしながら合わせたいじゃん。

露出も、自分の感じで合わせてドンピシャだったりしたら嬉しいじゃん。



何より、昔のカメラや車って かっこいいじゃん。




ま、デジタルカメラを決して否定するわけもなく、それはそれで自分なりに思い出もあれば

その正常進化ぶりは受け入れてるつもりなのです。

そのあたりはまた後日、書かせてもらいます。







Fuji C200






[PR]

by tact1215 | 2016-01-27 22:00 | SIGMA75-300mm | Comments(4)
2016年 01月 26日

感謝



a0323196_20240851.jpg



      ・・・・・・・・・・ウィーーーーハッシュイッ!!!

クシャミの途中で、その勢いが半ば削がれたけど、そのまま勢いでやっちまったの図





人間、50になっても

時には、勢いも大事なのだ。








Fuji C200






[PR]

by tact1215 | 2016-01-26 20:27 | SIGMA75-300mm | Comments(2)
2016年 01月 25日

代謝



a0323196_22045976.jpg



平熱が低く、風邪をひきやすい自分ができること

それは、てっとり早く免疫力をあげるため入浴で汗をかくこと

それと、筋肉増強




けど、今晩は飲んでしまって

風呂で汗かくまでが精一杯w









Fuji C200







[PR]

by tact1215 | 2016-01-25 22:08 | SIGMA75-300mm | Comments(2)
2016年 01月 25日

乾きものとビール



a0323196_19475209.jpg

するめ、ナッツ、チーズ、柿の種。。。

それとビール

昔、誰かの部屋で飲んだときを思い出して



何気に  ニヤリ









Fuji C200








[PR]

by tact1215 | 2016-01-25 19:50 | SIGMA75-300mm | Comments(0)
2016年 01月 24日

お試し



a0323196_18124431.jpg

昨夜、ヤシカフレックスの貼り革(ビニールレザー)が部分的に剥がれていたことに、とうとう我慢しきれず張り替え実行。

そして今朝は他のカメラ2台のモルトを交換。


そんなことしていたら、ここんとこ減退していた写欲ってやつがムクムクと蘇ってきた。

最近ずっと、標準域レンズばかり使っていたのと、まだ試していなかったNikon FEを使ってみようってことで望遠レンズを装着して久々の市内スナップ。

スナップといえば、コンパクトカメラでさくさく撮るもんだという先入観を持ちつつあったけど、一眼に望遠の組み合わせもなかなかいいもんだ。


で、今回初めてのNikon FEは、全て絞り優先Autoで露出補正なし。

いつものマニュアル勘露出はせずに、カメラの露出計や制御が正常かを試す撮り方で36枚


フォーカシングスクリーンはFM3a用に換装したので、本来なら+1/2補正をするところだけど、まぁ、とりあえずそれはしなくていいや。



結果、ちゃんと機能していた。

このNikon FEってやつは、なかなか使い心地がいい。

さほど好みのシャッター音ではないけど、柔らかみがありつつキレのあるフィーリングは悪くない。

ボディの大きさも、一眼にしてはほどよくコンパクトでいい。

フィルムの巻き上げ感もいい。

ファインダーの見え具合もいい。(FM3a用のフォーカシングスクリーンに換えたのでさらによくなった)


欲を言えばSSは1/2,000まであればなおよかったけど、まぁ、1/1,000でも充分



ということで、とても寒い日だったけど楽しみながらお試し撮影ができましたとさ。




そして何よりも、久しぶりの望遠レンズでの撮影は、写真をやり始めた頃のようなワクワクしたような感覚が蘇ってきて、素直に楽しかった。






Fuji C200








[PR]

by tact1215 | 2016-01-24 18:34 | SIGMA75-300mm | Comments(0)
2016年 01月 23日

相合傘



a0323196_18245684.jpg


こんな他愛もない落書き

こんなんでも、どきどきした昔が懐かしい。。。



それはそれとて、汗びっしょりかいた後の風呂あがりが心地いい。。。






FUJI NEOPAN ACROS100






[PR]

by tact1215 | 2016-01-23 18:27 | HEXANON 38mmF2.8 | Comments(2)