2017年 01月 11日

ホンダトゥデイの持病



a0323196_20053311.jpg

このブログの読者には???な話です。

が、当事者にしてみると深刻な話なので、今回はそれを書きます。

ホンダ・トゥデイ こいつの持病が結構深刻なんです。

その病気の初期症状はこれ

・信号待ちで止まると同時にエンジン停止
・しばらくエンジンかからず
・数分後にエンジンがかかり、何事もなかったかのように普通に走る

で、その後にいよいよ症状が深刻化

・信号待ちで止まると同時にエンジン停止、またはエンジンを止めて、再始動できない
・セルモーターの音が妙に軽くエンジン始動の気配がない
・キックでかかる場合もあるが、次第にこれでもかからなくなり、キックの当たりも妙に軽い
・しばらく放置してもエンジンはかからない、またはかかっても、一度エンジンを止めると次がかからない

この場合の対処方法

・とにかくセルを回し続ける
・ただし、バッテリーがもたないので車のバッテリーとブースターケーブルで繋いで車のエンジンをかけてからセルを回し続ける
・セルモーターの音が変わり始めたらアクセルを少し開ける
・これでエンジンがかかったら、しばらく暖気運転をしてエンジンを切って再始動できるか様子をみる
・セルモーターの音が変わらず、アクセルを開いても変化がない場合、いったん止めてエアークリーナーを外して吸気口をタオル等で塞いで再度チャレンジ
・これでもダメなら、この方法は一旦諦めて、ブースターケーブルを外す
・プラグを取り外す
・プラグホールからキャブクリーナーを流し込む
・プラグホールへはキャブクリーナーのノズルがまっすぐ入らないため、くの字に曲がるストローを挿してそれをサヤ管代わりにしてキャブクリーナーをたっぷり注入
・キャブクリーナーはできれば泡タイプがいいかも
・キャブクリーナーを注入したら、セルまたはキックで全体に馴染むようにする
・一晩ぐらい、そのまま放置
・プラグを取り付けて最初からやり直す(プラグは一晩寝かす前に取り付けてもOK)
これで、おそらくエンジンはかかると思います。

エンジンがかからなかった原因

・カーボンがバルブに挟まってしまい、その隙間から圧縮モレを起こしていることが原因
・カーボンの発生原因は、インジェクションによるガソリンの供給量が薄いことが原因と思われる
・燃費向上と速度制限のため、特にアクセル全開時にはエンジンに供給されるガソリンがカットされ濃度が薄くなりカーボンが発生しやすい
・バルブを戻させるスプリング強度が弱くカーボンが噛んでしまったときに押しつぶすほどの力がない
・なので、セルをひたすら回し続けて噛み込んだカーボンを叩き潰すことができればエンジンはかかる

以上のやりかたでもダメな場合

・エンジンを開けてカーボンの除去
・バルブのクリーニングと当たりの調整

以上、カーボンのバルブへの噛み込みを前提に書きましたが、エンジンの爆発には次の条件が必要なので

・〔点火〕プラグの点火は正常か
・〔燃料の供給〕インジェクションから燃料は出ているか
・〔燃料の供給〕燃料ポンプは動作しているか
これらの確認も必要です。

再発防止

・エンジントリートメント剤の使用
・全開走行をせずに8割程度のアクセル操作をする
・定期的にキャブクリーナーでエンジン内をクリーニング
・エンジン内のクリーニング後は早めにオイル交換(たぶん、溶けたカーボンが回り込んでオイルが真っ黒)


ま、こんな感じだと思います。
自分のトゥデイは走行距離41,000km超
まだまだ乗れそうなので、メンテをしっかりやって長く付き合っていこうと思います。




FUJICOLOR100業務用








[PR]

by tact1215 | 2017-01-11 20:41 | ROKKOR45mmF2.8 | Comments(6)
Commented by legacy_bg5a at 2017-01-11 21:19
うちのカブはタフですよ。メンテらしいメンテなんてしてませんが、問題なく速度計を振り切ります^_^;

カブどうですか。流石に名車。ベストセラーなだけのことはありますよ。
Commented by tact1215 at 2017-01-11 21:59
legacy_bg5aさん

もちろん、スーパーカブは候補の筆頭です。
それと、シャリーもね。
けど、一回スクーターに乗ってしまうと、その気楽さと収納のよさ(シートの下)
からは抜けられなくなるのです^^;
愛着もわいてしまったしね^^ゞ
Commented by legacy_bg5a at 2017-01-12 10:21
収納は確かに。自分は、荷台を改造してリアにラゲッジボックス積んでますけど、それでもメットインスペースには及びませんからね。あと、出足の速さも。やる気の無いお買い物の おばちゃんトゥデイ にやる気満々で吹かしても あっさり離されますから(苦笑)
Commented by アー at 2017-01-12 20:54 x
ホンダ・トゥデイ いうからてっきり昔あった軽だと思った(^^ゞ
そしたら キック??あぁバイクかってね。
きっとバイク自らアイドリングストップ機能を頑張ってやってみてる
途中だとか・・・・ないか(^^ゞ
Commented by tact1215 at 2017-01-12 22:30
legacy_bg5aさん

スーパーカブに対しては、もはや、収納とか出足とかは
どうでもいいのです。
「頑丈」この問答無用の2文字があればいいのです。
これこそが、このバイクの世界に誇れる魅力なのですから。
それに、道具も人間も、これに尽きるのではないでしょうか^^
Commented by tact1215 at 2017-01-12 22:32
アーさん

ホンダトゥデイといえば、やはり初期型の丸目がいいかと^^
で、色は・・・黄色がベスト?
いやいや、案外、白もいいし、黒もいけるし、ガンメタなんて、シブくて最高!
車高落として太めのタイヤを履かして。。。
そんなドレスアップの似合う車って最高だよね^^


<< そんなんじゃない  と、思う。。。      だめだ、黙ってられん >>