2018年 12月 09日

納車しました。




a0323196_06344516.jpg
Fuji100業務記録用



2台目の相棒がやってきました。

中古ではあるけど、やっぱ嬉しいやね。

サイズは223ccで軽2輪(総排気量250cc以下)というカテゴリー

なんといっても、そのクラシックというか、ベーシックというか、いかにもバイク的なスタイリングが気に入り決めました。

現行車ではないけど、2016年まで生産しており、ついこの間までのモデルなので部品はまだまだ供給される。

それを考えると、自分のシャリィは30年も前のモデルなのに、いまだに当たり前のように部品が出ているという凄さが^^;

おそらく、エンジン周りだけでなく、スーパーカブとの共通パーツが多いんだろうな。

一方、1997年までのモデルである(21年前までのモデル)GB250クラブマンについては、もはや部品の入手が厳しい状況とのこと。

実は最初、このGB250クラブマンがほしかったのだけど、故障時の対応ができない(中古パーツは可能らしいが)のと、カムシャフト周辺の不具合という

持病があるとの情報もあって断念


で、同じようなスタイルのバイクを探してて行きついたのが、このCB223Sってモデル

燃料供給装置も、いまどきのインジェクションじゃなくキャブレターってのがいい。(最後のキャブレターモデルらしい)

スタイルだけ古めかしくて中身が現代風ってのもアレだしね。。。

で、タイヤはダンロップのTT100GP

TT100って、自分が高校生の頃には既にあったし、さらに、当時ですら昔からあった古いモデルのタイヤってイメージだったけど

まさか、まだ現行で存在してたなんて。。。

気になって調べてみたら、TT100の生産開始は1960年代まで遡るという。

往年のスポーツタイヤやね~~~(今となっては、ビンテージ風のイメージかな?)

最近の太くてパターンが荒いスーパー・スポーツ車系のものとは違って、昔ながらと言っていいのか、それがまたこのバイクのスタイルによく合ってるんだよな。。。

で、まだ完全に乗りなれてはいないけど、乗り心地は軽快かつトルク感があって気持ちがいい。

若い頃と違い、スピードを楽しむのではなく、そのバイクの持ち味が出る速度帯でのんびりと空気や景色を楽しむ走りがしたいので、そんな意味ではコイツがちょうどいい。

4サイクル単気筒の鼓動と音がすごく気持ちいいのだ。



こいつに乗ってからシャリィくんに乗ると、それまで以上にミニチュア感があってこれまた楽しさ倍増なのです。

これからは、通勤・街乗りはシャリィで、遠乗り・ツーリングはCB223Sで楽しむことにしよう。

そして、今度は盗まれないよう気をつけよう。

ま、コイツはどっちかというと不人気車のようだし、大丈夫かとは思うが。。。 念のため、バイクカバーや盗難防止グッズで装備するとしよう。





a0323196_07041376.jpg

携帯での撮影







by tact1215 | 2018-12-09 07:23 | COSINA100mmF3.5MACRO | Comments(2)
Commented by aitainya at 2018-12-09 08:16
おはよう(^^)
花(*^^*)めっちゃ良い感じ〜〜
朝から 元気?もらえちゃいました♪
Commented by tact1215 at 2018-12-11 14:41
aitainyaさん

おいっす!^^
あったかい陽射しが懐かしい今日この頃だよね~~~
昨日も今日も寒いけど、気持ちだけはHOTでいようね^^


<< 本日、代休      天邪鬼の楽しみ >>